BitPR ウィークリークリプトハイライト Week2 December 2018

この記事は約 7 分で読むことができます。

ここ数週間、暗号通貨マーケットには、いくつかのおもしろいトレンドが見られました。

第一に、下落を続ける暗号通貨のベアマーケットの背景には、暗号通貨とブロックチェーン技術がより広範囲で採用されている兆候があります。過去のBitPRウィークリーハイライトでは、発展途上国でのEthereumの使用量の増加と、ベネズエラでの$DASHの人気についてのレポートしました。

暗号通貨とブロックチェーン技術のアーリーアダプターが、発展途上国を支援し、インフレに悩まされる国々に、代替的通貨として暗号通貨を提供し、これは注目に値します。私たちは、水面下で大きな変化が起こっているのを目の当たりにしています。

第二に、世界中の規制当局が暗号通貨市場の拡大に対応を開始しています。 米国のSECとG20の各首脳も同様に、規制の観点から必要とされる対応について協議を始めています。 これはいくつかのICOにとっては悪いニュースですが、新しい規制と議論される一連のルールは市場に長期的な安定性をもたらすでしょう。

第三に、この領域における基盤技術の継続的な改善、成長を続けるエコシステムなど、ユーザーにとって選択肢が増加しています。 今週のハイライトでは、Binanceが計画するDEXと、Coinbaseにおいて新しく上場する可能性のある通貨について紹介しています。更に、 Ethereumと他のブロックチェーンは、スケーラビリティを向上させる方法を継続して模索しています。

特に今後、機関投資家が多く参入してくる場合、利活用の増加、規制の整備、技術の改善は中長期におけるテーマです。 機関投資家は、戦略的な資産配分に基づいて長期的に投資を実行する傾向があるため、市場に安定性をもたらすことができます。

Binanceが新しいDEX(分散型取引所)のデモをリリース

Binanceは、開発中のBinance DEXのビデオデモをリリースしました。Binance DEXは2019年の初頭にローンチされる予定です。このビデオは、ウェブウォレットや、独自のパブリックブロックチェーンであるBinance Chainのエクスプローラなどを含むBinance DEXのトレーディングインターフェースを示しています。

Binance DEXは、「低いレイテンシー(遅延)、ハイスループットなトレード、および資金の分散管理」を提供すると評判のBinance Chain上で開発されています。

このインターフェースは、Binanceの既存の取引所に似ていますが、ユーザーのシードフレーズを生成するオプションや、「残高」のタブを個々のウォレットアドレスを示すセクションなどの追加機能があります。

Bitcoin価格の下落時における、踏襲パターンを追う

最近リリースされたCoinDeskの記事では、現在のベアマーケットがいつ底を打つ可能性があるかを予測するために、Bitcoinの以前のトレンドの波を参照し分析することができると言及しました。

Coindeskによると、Bitcoinの価格は、「正反対だが等しい」ルールに従う傾向があります。 彼らの予測は、Bitcoinのベアマーケットにとって理想的なボトムゾーンは、約2,676ドルと1,725ドル前後であるということです。 Coindeskは、市場におけるトレンドを見て、ベアマーケットの最低価格がどのようになるかを判断する際に、「対称=シンメトリック」と「下降=ディッセンディング」のトライアングルパターンを使用しました。

しかし、投資に精通している人は、将来のための正確な予測因子として過去のパターンを利用することに警告を発するでしょう。

Coinbaseが30種類の新しい暗号通貨の上場を検討

Coinbaseは、取引所にXRPを含む最大30の仮想通貨を追加することを検討しています。 しかしながら、技術基準およびコンプライアンス基準を確実にするための調査を行う必要があるため、依然として上場の確約は行われていません。

EOS、Cardano、Stellar、Tezos、ChainLink、Mainframe、Daiなどが上場検討の対象通貨です。これまでにCoinbaseは9つの仮想通貨を上場しています。

ConsenSysがスタッフの13%をリストラ

Ethereumブロックチェーンのアプリケーションを開発するソフトウェア開発企業の代表格であるConsenSysは最近、スタッフの13%を解雇すると発表しました。 このリストラは、現在のベアマーケットの影響を受けてのことであると考えられ、これまでにもSteemitとHuobiが、従業員の70%と60%を解雇したことに追従しています。

ConsenSysの創設者であるJoseph Lubinによると、この対応は「プロジェクトがトークンの価格に依存しない」ことを確実にするために必要です。Lubinは、縮小は必要なことで、「健全なビジネスとして」ConsenSysのプログラムを保護することが目的であると付け加えました 。

ワーキングプロダクトがある36のトップ100の暗号通貨プロジェクト

Invest in Blockchainのレポートによると、トップ100の暗号通貨のうち36が既に稼働しているプロダクトを持っています。 彼らはこの検討において「稼働しているプロダクト」とは、アクティブで、公的に利用可能で、強力なユーザーベースがあるプロダクトであると定義しています。

Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH)、 Ripple (XRP) は自然とリストのトップになりました。
そのあとに、Bitcoin Cash(BCH)、Stellar(XLM)、Litecoin(LTC)、Tether(USDT)が続きます。 この記事の執筆時点では、すでに31の通貨がリストされており、そのリストには、すでにユーザー用に開発されたサービスを提供しているものだけが含まれています。

中国の中央銀行総裁はSTOを「違法な金融活動」と定義

中国の中華人民共和国中央銀行は、「STOやICOによる違法資金調達活動」に反対すると述べました。同銀行の副総裁パン・グンシェン氏は、仮想通貨市場は、中国がまだ足を踏み込んでいないにもかかわらず金融不安を引き起こす可能性がある、と述べました。

グンシェン氏によると、STOは依然として「中国における不法な金融活動」であるとされています。グンシェン氏は、仮想通貨が犯罪の手段として使われ、違法資金調達、ピラミッド販売スキームなどの不正行為を可能にすると考えています。

 

いかがでしたでしょうか?

来週のBitPRクリプトハイライトも是非チェックしてください!

Leave a Reply(コメントしてください!)

Your email address will not be published. Required fields are marked *(コメント欄にメールアドレスが公開されることはありません。)

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.