【2018年11月】ブロックチェーン関連事業を支援する日本の企業やファンドまとめ

この記事は約 9 分で読むことができます。

日本におけるブロックチェーン業界の動向

日本のブロックチェーン業界にとって、2018年は新たなプロジェクトが次々に始動した1年といえるでしょう。

また、ブロックチェーン技術を用いたサービス開発を目指す企業に向けて、環境整備も整いつつあります。ブロックチェーン事業に特化したファンドやコンサルティング企業、コワーキングスペースの設立が国内・海外のブロックチェーン関連のプロジェクトを後押ししています。

2018年7月に経済産業省は「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を発刊しました。ブロックチェーン技術の活用が期待される分野や市場規模額の予想が紹介され、政府としても「ブロックチェーン技術による各産業の発展のために政策を打ち出す」という姿勢を示しています。

実際に今年に入り、国内の企業が続々とブロックチェーンのプロジェクトを開始しました。株式会社サイバーエージェントは広告事業に特化したブロックチェーンのスタジオを設立。株式会社博報堂はユナイテッド株式会社と共同し、ブロックチェーン・イノベーション・ラボを立ち上げました。

東京ではブロックチェーン関連事業をサポートする環境整備が活発に

日本、特に東京エリアではブロックチェーン技術によるサービス開発を支援するべく、その基盤づくりが盛んに行われています。

博報堂は、ブロックチェーン技術によるソリューションの開発支援を目的とする「博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ」の発足を発表。

また、ICOコンサルティング事業を展開するAnyPayと情報アプリを提供するGunosyの2社によるLayerX(ブロックチェーンによるサービス開発・コンサル事業)の設立も大きな注目を集めました。

エンターテイメント事業のgumiも、新たにブロックチェーンに特化したファンドを設立しました。

こうしたコンサルティングやファンドだけでなく、ブロックチェーン関連プロジェクトの開発者達に向けたコミュニティも充実してきています。

2018年に入り、HashHubNeutrinoなどブロックチェーンに特化したコワーキングスペースがオープン。スタートアップにとっても、容易にプロジェクトを始められる環境が整いつつあります。

次章では、上記の企業も含めた「2018年にローンチされたサービス」を中心に、東京にあるブロックチェーン関連企業を詳しく解説していきます。

ブロックチェーンに特化した東京のコワーキングスペース

HashHub(ハッシュハブ)

HashHubはクラウドファンディングサイトの「Readyfor」で約500万円を調達し、2018年8月にオープンしました。国内でも先駆けとなる、ブロックチェーン特化型コワーキングスペースです。

HashHubでは作業スペースの提供だけではなく、PoCを主としたプロジェクトのスタートアップも支援しています。専門家から法規・税制度関連のアドバイスが受けられるほか、入居者間で知識やスキルをシェアすることも可能です。(受けられるサービスはプランによって異なります。)

そのほか、ブロックチェーン事業に参画する人たち向けに定期的なセミナーを開催。HashHub内で新規プロジェクトも続々と立ち上げられており、これらに参加して共同開発を企画することも可能です。

ワーキングスペースとしてだけでなく、新規ブロックチェーンプロジェクトのインキュベーター的存在として今後のさらなる発展が期待されます。

会社概要 株式会社HashHub
所在地 東京都文京区本郷3–38–1本郷信徳ビル7階
設立 2018年4月
公式HP https://hashhub.tokyo/

Neutrino(ニュートリノ)

ブロックチェーン関連のエンジニア不足・連携の希薄さの解消などを目的に設立されたのがNeutrinoです。2018年6月時点で20ほどの企業が入居しています。

Omise Japanとグローバル・ブレインによって立ち上げられたこのコワーキングスペースは、電通やみずほファイナンシャルグループもスポンサーを務めています。

入居者リストにはDMM.comなどの大手企業の名もあり、「エンジニアもしくはエンジニアを抱える企業かどうか」という判断基準のもと、入居者を厳選しているのが特徴です。メンバー以外もNeutrinoが開催する交流イベントに参加可能です。

東京のほか、シンガポールや中国(上海・北京)にもコワーキングスペースをオープンしており、日本のエンジニアが国境を超えてブロックチェーンプロジェクトに携われるような環境を整えています。

会社概要 Neutrino
(Omise Japan株式会社・Global Brain Corporation)
所在地 東京都渋谷区桜丘町12−10
住友不動産渋谷インフォスアネックス
設立 2018年6月
公式HP https://www.neutrino-space.com/japan

ブロックチェーンプロジェクトを支援する東京のファンド・インキュベーター・コンサルティング企業

LayerX (Gunosy・AnyPay)

LayerXは株式会社Gunosy(ニュース配信アプリ運営)とAnyPay株式会社(オンライン決済サービス)によって立ち上げられました。主な事業内容は下記の通りです。

  • トークンの開発
  • コード監査
  • 技術的なコンサルティング

実用的なトークンの設計やアプリケーションの開発、スマートコントラクト監査を中心業務としています。

コンサルティング事業では、ブロックチェーン関連の新規プロジェクトを技術的側面から支援。また、マイニング事業や自社プロダクト制作を行っていくことも発表しています。

なお、LayerX代表の福島良典氏(Gunosy代表取締役)は設立にあたり、ブログにてビジョンを公開しています。

LayerXは、11月にシンガポールのブロックチェーン企業ジリカ(Zilliqa Research Pte.Ltd)とパートナーシップを結んだことが明らかにしました。

今後はブロックチェーンZilliqaとの協働や、同プラットフォーム上での開発サポートを展開していくと発表しており、業界からの注目も集まっています。

会社概要 株式会社LayerX
所在地 東京都港区赤坂9-7-1
ミッドタウン・タワー8F
(AnyPay株式会社内)
設立 2018年8月
公式HP https://www.layerx.co.jp/ja

AnyPay(エニーペイ)

LayerXの設立に携わったAnyPay株式会社は、自社でICOやSTOのコンサルティング事業を行っています。スタートアップや中堅企業を対象に、法規面の対策からマーケティングまで一貫してサポート可能な体制を整えています。

すでに海外ベンチャー企業へのコンサルティング実績もあり、シリコンバレーのBread(仮想通貨ウォレット)やインド発のDrivezy(カーシェアリングサービス)、シンガポールのTOKENOMY(仮想通貨取引/発行)などが代表的な支援先企業です。

会社概要 AnyPay株式会社
所在地 東京都港区赤坂9-7-1
ミッドタウン・タワー8F
設立 2016年6月
公式HP https://corp.anypay.jp/

博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ

ブロックチェーン関連サービスの開発支援に特化してローンチされたのが、博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ(HAKUHODO Blockchain Initiative)です。大手広告代理店の株式会社博報堂が9月に設立を発表しました。

ブロックチェーン専門のエンジニアを抱える企業や、法務専門家などの社外パートナーと提携を結んでいるほか、独自トークンを使用したコミュニティ作りにも注力。すでにPoliPoli(ブロックチェーンスタートアップ企業)との業務提携を発表しています。

会社概要 株式会社博報堂
所在地 東京都港区赤坂5-3-1
赤坂Bizタワー
設立 2018年9月
公式HP https://www.hakuhodo.co.jp/

SBI AI&Blockchainファンド

今年7月に500億円の資金調達を達成したSBIホールディングス発のベンチャーキャピタルです。

地方銀行からの融資を中心に、ブロックチェーン関連企業や、AI・IoT分野への投資を積極的に行っています。

会社概要 SBI AI&Blockchain
投資事業有限責任組合
所在地 東京メトロ南北線 六本木一丁目駅直結
泉ガーデンタワー19F
設立 2018年1月
公式HP http://www.sbinvestment.co.jp/

gumi Cryptos(gumi)

仮想通貨やブロックチェーン関連プロジェクトへの投資に特化したファンドとして、gumi(オンラインゲーム事業)が設立したファンドです。ファンド総額は3,000万ドルにのぼり、世界中のICOプロジェクトに投資していく姿勢を示しています。

共同パートナーはEvercoin創業者のMiko Matsumura氏。企業名は公開されていませんが、約10社が参画しているようです。

Gumi Cryptosは、SAFT(Simple Agreement for Future Tokens)を資金調達法として用いて、ドル建てでの出資を行っています。現在までの出資先企業はBasis(仮想通貨)やTheta(動画コンテンツ配信)などの5社です。

会社概要 Gumi Cryptos合同会社
所在地 東京都新宿区西新宿4-34-7
住友不動産西新宿ビル5号館3階
設立 2018年5月(設立発表)
公式HP https://www.gumi-cryptos.com

Base Layer

海外のブロックチェーン関連企業やサービスの日本市場への進出支援を行っています。オールインワンサービスを提供し、進出戦略の立案からローカライゼーション、PR、コミュニティ運営までを担います。Dapps総研というメディアも運営しており、リサーチ・レポートの発行やイベントの開催を行っています。

会社概要 BaseLayer株式会社
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-5
第16スカイビル4階
設立 2018年1月
公式HP https://www.baselayer.asia/

Base

ブロックチェーンシステムの開発や導入のコンサルティング、海外展開のサポート、日本進出サポート、海外プロジェクトのミートアップ運営等を手がけています。特徴的なサービスとして、KYC代行やカスタマーサポート等、ブロックチェーンやフィンテック関連企業のバックオフィス業務を代行するBPOサービスがあります。

ウェブメディアは、BIBITPOSTとカンファレンス動画に特化したBLOCKCLIPを運営しています。

会社概要 株式会社 Base(旧TSH)
所在地 東京都中央区新川1-3-3
グリーンオーク茅場町6F
設立 2017年6月
公式HP https://www.tsh-d.co.jp/

上記のほかにも、東京にはブロックチェーン関連の企業が数多く存在します。引き続き、BitPRでは情報提供を行なっていきます。

Leave a Reply(コメントしてください!)

Your email address will not be published. Required fields are marked *(コメント欄にメールアドレスが公開されることはありません。)

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.