BlockCloud(仮想通貨:BLOC)| ICOトークンスポットライト by BitPR

この記事は約 6 分で読むことができます。

blockcloud

BlockCloud(ブロッククラウド)はブロックチェーン技術を活用してIoT時代のインターネットのネットワーク混雑問題を解決しようとするプロジェクトです。

BlockCloudが取り組む課題

信じられないことのように聞こえますが、インターネットの混雑問題はすぐそこまで来ています。過去数年間でインターネットに接続されたデバイスの数は急激に増加しました。

この数には、スマートホームやコネクテッドカー、そして冷蔵庫や炊飯器などの一般的な家電製品さえも含みます。

この物理的なデバイスのネットワークはそれぞれが通信し、相互にデータを交換します。これはInternet Of Things(IOT)と呼ばれています。

この多くのデバイスたちは大きな問題を引き起こし得ます。

Blockcloudはすでに利用可能なテクノロジーとブロックチェーンを組み合わせてこれらの問題を解決することを提案しています。

データが示しているのは、200億台のIoTデバイスが2017年に存在し、この数は2025年には750億台までに成長することです。

IoTデバイスが私たちの生活の一部になる一方で、そこにはスピードやスケーラビリティ、信頼やセキュリティといった多くのチャレンジが待ち構えています。

今日のインターネットを道路だと考えてください。そして、インターネット上で動くアプリケーションを自動車だと考えてください。道路(インターネット)は何十年も前に建設され、よりたくさんの自動車(アプリケーション)が道路を走り、交通渋滞(遅延し、不安定な接続)を引き起こしています。

以下はとてもシンプルな例ですが、IoTデバイス市場の急激な成長は以下に挙げるような問題を引き起こすでしょう。

  • ネットワーク:とても不安定な接続に
  • スケーラビリティ:現在のシステムでは必要な拡張に対応できない
  • 信頼:中央集権的なネットワーク上で取引をする第三者を信頼できない
  • セキュリティネットワーク上のIoTデバイスをサイバーで全体を攻撃できる
  • 経済的インセンティブネットワーク参加者に報酬がない

BlockCloudの提案するソリューション

BLockCloudの研究者と開発者はこのネットワークの接続性とスケーラビリティ問題を解決するために、新しいコンセプトであるService-Centric-Network(SCN)を提唱しました。

基本として、SCNはIPアドレスに頼らず、サービスの名前でアプリケーションが通信できる方法を確立し、より自由で混雑を起こさない通信を実現します。

しかしながら、このSCNだけでは、信頼やセキュリティ、経済的インセンティブの解決策にはなりません。ここにブロックチェーンを投入する理由があります。

BlockCloudは完全な解決策を提供

ブロックチェーンは暗号化された分散型データベースで、ネットワーク上のトランザクションを記録します。

ブロックチェーン上では全ての参加者(ノード)が取引を承認し、記録を保有することで、分散型の信用形成を実現します。

このことは、セキュアなデータベースの構築、そして各トランザクションや、その他のデータベース上の記録の改ざんを困難にします。

BlockCloudはSCNとブロックチェーンの利点を組みわせ、IoTをより確信が持てるものにしようとしています。

BlockCloudのソリューションにおいて、SCNは物理的なネットワークの基礎となり安定した接続性とスケーラビリティを提供します。

ブロックチェーンはSCNレイヤーの上で稼働し、分散型の信用形成、セキュリティ、経済的インセンティブを提供します。

出典:BlockCloudのMedium

 

BlockCloud components

出典:BlockCloudのホワイトペーパー

 

BlockCloudは信用の形成において、Proof-of-Serviceというコンセンサスアルゴリズムを用い、迅速かつ安定的に承認を行います。

また、CoDAG(Compacted Directed Acyclic Graph)のフレームワークを用い、大規模に運用される複雑なシナリオのIoTのトランザクションも記録可能にします。

Proof-of-Service コンセンサスアルゴリズムはブロックチェーンと高度なセキュリティを提供するCoralと呼ばれるP2Pネットワークを組み合わせています。

IoTデバイス間のコミュニケーションはブロックチェーン内に埋め込まれ、サービス情報はCoral内に保管されます。

この記録はProof-of-Serviceコンセンサスアルゴリズムによって承認されます。

このシステムは攻撃者に狙われる単一のセキュリティ障害地点を持たず、セキュリティは経済的モチベーションによって誠実であるように動機付けられたマイナーたちによって形成される、分散的なコンセンサスメカニズムによって保障されています。

経済的インセンティブが形成されるのは、BlockCloudがBLOC(トークンシンボルは後日正式決定)と名付けられたユーティリティトークンによって推進されるインセンティブドリヴンなIoTサービスのマーケットプレースであるからです。誰もがBlockCloud上でサービスを提供することができ、誰もが利用することができます。

サービスの提供者でトランザクションの承認によってネットワークに貢献する者にはBLOCトークンが報酬として与えられます。

BlockCloudのユースケース

BlockCloudはいかなる領域のIoTデバイスにも応用することができます。

  • スマート自動車:自動運転、ナビゲーション
  • スマートヘルスケア:ヘルスケアデバイス間のデータシェアリング
  • スマートホーム:スマートデバイス間のデータシェアリング
  • エッジコンピューティング(クラウドコンピューティングの代替手段)

 

[トークンとICOの詳細]
  • トークンタイプ:ユーティリティトークン
  • シンボル:後日正式決定
  • プラットフォーム:ネイティブプロトコル
  • ICOデータ:未発表
  • 最低投資額:未発表
  • トークン価格:0.01 USドル
  • ハードキャップ:15 M USドル
  • 決済通貨:ETH
  • 参加制限国:アメリカ、中国

 

Leave a Reply(コメントしてください!)

Your email address will not be published. Required fields are marked *(コメント欄にメールアドレスが公開されることはありません。)

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.