BitPR ウィークリークリプトハイライト Week1 January 2019

この記事は約 9 分で読むことができます。

あけましておめでとうございます!

暗号通貨について多くの予測がたてられていますが、そのほとんどが2018年と同様に、後に誤りだと判明します。ビットコインの価格の途方もない上昇予測を信じることに注意すると同時に、2019年暗号通貨産業全体がどのように進化していくかを考える必要があります。

たとえば、暗号通貨市場に多くの機関投資家が参入することになるかもしれません。世界的な株価調整やベアマーケットによって、一部の資金が暗号通貨に流入する可能性もあります。

同時に、より多くのICO実施プロジェクトが失敗したり、規制当局から投資家への返金を余儀なくされたりすると、暗号通貨市場は再編成される可能性もあります。セキュリティトークンは、規制に準拠し、投資家を保護することができるため、推奨される資金調達方法になるでしょう。

解決すべき2つの問題は、スケーラビリティとアダプション(社会実装)です。ブロックチェーンは、より多くのトランザクションをより高速に処理できる必要があります。

スケーラビリティ問題が障害の一つとなり、今日の企業やエンドユーザーの採用/利用を妨げています。この業界は2019年も進歩は続けていきますが、適切な解決策の実行にはさらなる時間を必要とするかもしれません。

何はともあれ、私たちは正しい方向に向かっています。

2019年暗号通貨の9つのトレンド予想

ブロックチェーンと暗号通貨は着実に進化していますが、アダプション(実社会での利用)の問題が残っています。一方では、現在の規制環境は十分に支持できるものとはいえず、ベアマーケットの一因となっている可能性があります。

他方では、2017年からの上昇相場から得たキャピタルゲインを得るために暗号通貨からいち早く現金化した人々による売り圧力の高まっているという側面もあります。

今までの経験から何を学ぶことができるでしょうか。そして、これから何が起こるでしょうか。

記事で紹介されているポイントをまとめました。

2018年の重要ポイント:予測と現実

  1. Dappプラットフォーム―TronやEOSのような、多くのブロックチェーンプラットフォームのメインネットローンチは、Ethereum以外の選択肢をユーザーに提供しました。予測では、ETH、NEO、およびEOSが2018年に最もアクティブなdappプラットフォームになると考えられていましたが、正確ではなく、実際は今日多くのdappがEthereumからTronに移行しました。
  2. ICOの大流行 – 多くのプラットフォームでICOが急増すると予測されていましたが、SECとCFTCの規制上の問題により、ICOに対する関心は薄れてきました。
  3. スケーラビリティの議論―現在進行中のベアマーケットのため、暗号通貨プロジェクトが実際に彼らが実現させると主張することを実行できるのか懐疑的な見方が多くなってきています。それにもかかわらず、多くのプロジェクトが勇敢にも壮大な拡大計画発表しました。
  4. デジタル資産の購入ハードルの低下―予想通りCashappやCoinbaseなどのプラットフォームを介して、デジタル資産の購入が簡単になりました。

2019年:暗号通貨9つのトレンド予想

  1. 暗号通貨信用取引のトレンド鈍化―多くの人々が依然として暗号通貨を取引し続けることが予想されます。しかし、2018年の市場の激しい変動から見て、2019年に暗号通貨間での取引量が上がる可能性は低いでしょう。
  2. 価格のボラティリティの低下―2018年、暗号通貨市場の価格のボラティリティは少なくなり、短期間での価格変動は少なくなってきています。この傾向は市場の自己調整の結果として、2019年まで続くかもしれません。この傾向が続くと、最終的に市場はさらに安定すると考えられます。
  3. 年間を通じて徐々に多くの機関投資家が参入する―機関投資家はすでにブロックチェーンのトレンドに気づいています。そして、私たちの多くは前年からのブロックチェーンの開発に触発されてきたので、今年はより多くの機関投資家が暗号通貨市場への参入に興味を示すことが予想されます。
  4. ニュースやイベントが大きく市場を動かすことがなくなる―市場がニュースやイベントに反応する傾向は、2019年に市場が拡大するにつれて劇的に減少するかもしれません。さらに、最近多くの投機的なトレーダーが取引に失敗してすでに排除されているかもしれない事実があります。
  5. 大規模な強気相場にはならない―以前の価格まで再下落することはないが、ベアマーケットは価格トレンドが上昇するまでは、継続すると予想される。
  6. 多くのプロジェクトが音を上げるー多くのプロジェクトが投資家にお金を返却することを余儀なくされています。資金不足と法令順守に関する問題は、すべての暗号通貨のプロジェクトにとって困難な問題です。
  7. スケーラビリティは依然として問題になる―暗号通貨プロジェクトの大規模なアダプションは依然としてスケーラビリティの問題によって阻まれてしまいます。
  8. 国家の暗号通貨への真剣な取り組み―暗号通貨への政府の関心が高まっており、2019年中に多数の国家による独自の暗号通貨ローンチを目撃することは不可能ではないでしょう。
  9. セキュリティトークンの増加―セキュリティトークンに対する規制の枠組みが明らかになり次第、暗号通貨投資家にとってより有利なセキュリティトークンの増加が予想されます。

2019年に暗号通貨は他のすべての資産を超えるのか

多くの人が、2019年に暗号通貨が最もパフォーマンスの高い資産になると信じています。
Bloomberg Economicは、2018年10月に、すでに世界最大の中央銀行が債券の保有総額を減らしていると宣言しました。世界的な景気後退への恐怖も、投資家がどこに投資するかを決めるのに深刻な影響を与えています。

現在の金融市場の情勢は、暗号通貨にとっては朗報かもしれません。暗号通貨市場は、2018年以来急落してしまった市場を逆転させ、市場に新たな資金を引き入れるかもしれません。

GMO、暗号通貨市場の低迷の影響でマイニングマシン販売停止

GMO Internetは、現在進行中のベアマーケットの中で暗号通貨マイニングマシンの製造および販売を中止すると発表しました。この動きは、暗号通貨市場の急激な低迷から、同社が大きな特別損失を被ったことによるもので、その損失は合計355億円にも上ります。

同社は引き続き、収益構造を見直しながら、社内マイニング事業を継続していきます。また、費用対効果を最大にするためにマイニングセンターを新しい地域に移転する計画を立てています。しかし、これらの計画についての詳細は開示されていません。

みずほFG、3月にキャッシュレス決済を促進するデジタル通貨を導入

2019年3月に、日本のみずほフィナンシャルグループは、可能な限り少ないコストで金融の支払いや送金に使用できる独自のデジタル通貨を導入する予定です。このプロジェクトでは、通貨を利用する小売店の手数料は、クレジットカードサービスの料金よりも低くなります。

この通貨を利用するにあたって、支払処理のためにQRコードを使用する独自の専用アプリを使います。デジタル通貨の値は、1単位あたり1円で固定されています。所謂ステーブルコインです。

ユーザーは、自分のスマートフォンや銀行口座との間で資金を移動させることもできます。このトレンドが流行し、他の多くの地方銀行が同じサービスを提供し始めると、ユーザーは他の多くの参加銀行でデジタル通貨を使用することができるようになるかもしれません。

Bitcoin Private(BTCP) 存在しないはずの200万枚を密かにマイニング

2018年12月にBTCPの開発チームの発表によれば、Bitcoin Private(BTCP)204万枚がひそかにプレマインされたことを確認しました。これは204万枚のBTCPがひそかに生み出されたというCoin Metricsのレポートとも一致していて、「数学的に正確」だということです。

プロジェクトのホワイトペーパーによると、BTCPの総供給量は2040万枚に過ぎず、ひそかにプレマインされたものを合計すると、総発行枚数が2260万枚に増えています。

BTCPはこの問題を主要な暗号通貨取引所であるHitBTCと議論しようとしていますが、これを書いている時点ではHitBTCはこの問題についてコメントをしていません。BTCPは現在約1.97ドルで取引されていて、報告書が出回ってからは過去24時間で7%の下落を示しています。

次週のハイライトもお楽しみに!

Leave a Reply(コメントしてください!)

Your email address will not be published. Required fields are marked *(コメント欄にメールアドレスが公開されることはありません。)

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.