JOYSO:台湾のハイブリット型DEXが追求する高度なセキュリティとプライバシーと高速な取引スピード

この記事は約 6 分で読むことができます。

世界初のハイブリッド型DEX:JOYSO

世界初のハイブリッド型の分散型取引所であるJOYSOは、中央集権型の仮想通貨取引所に劣らない取引スピードと、分散型取引所ならではの高度なプライバシーとセキュリティをユーザーに提供します。JOYSOは2018年5月に台湾で立ち上がった、イーサリアムベースのERC20トークンのハイブリッド型DEXです。JOYSOは優れたユーザーエクスペリエンスと強固なセキュリティを誇っています。特筆すべきはユーザーは登録をすることなくJOYSOでトレードを行うことが出来ることです。このことにより、JOYSO自身もトレードをするユーザーが誰なのか把握せず、圧倒的なプライバシーの強化につながります。

トランザクションスピードを確実なものにするために、JOYSOは、オンチェーンでのトランザクションの実行と、オフチェーンでのオーダーマッチングを組み合わせています。すべてのトランザクションは、イーサリアムのスマートコントラクトによってブロックチェーン上で実行されます。一方で、オーダーマッチングなどの機能はオフチェーンで行われるため、結果的に従来型の取引所に比べてトランザクションの処理時間が短縮されます。これにより、トレーダーには有利な価格とGas手数料の引き下げというメリットがもたらされます。

セキュリティの観点から、JOYSOは、エクスチェンジでトレードするユーザーの秘密鍵とウォレットにアクセス出来ない仕様になっています。資金はユーザーが秘密鍵を持つウォレットで管理され、JOYSOはトレードをファシリテートするのみです。これはつまり、取引所がハッキングされても、ユーザーの資金が流出する可能性が極めて低いことを意味します。仮に、取引所がハッキングされ、管理者の秘密鍵が盗まれたという最悪の状況に陥った際でも、取引の最中で決済が保留されているスマートコントラクトからユーザーは直接資金を引き出すことが可能です。

あらゆる場所で取引所がハッキングされている現在、このセキュリティ仕様は大きなセールスポイントとなることでしょう。2018年7月時点の集計で、2018年だけで7億3,000万ドルもの仮想通貨が盗まれていたことが分かりました。この数字には、2018年9月に日本の取引所であるZaifで起きた6,000万ドルのハッキングによる被害は含まれていません。

また、JOYSOは独自の取引所トークンであるJOYを発行し、プラットフォームを活気づけています。ユーザーはJOYトークンを選択することで支払う取引手数料を半額にすることができるため、その役割はバイナンス(Binance)のBNBコインと近似しています。また、JOYトークンの保有者には様々なガバナンスおよび運営上の問題への議決権も与えられます。

 

 

JOYSOの取引手数料は非常に低額で、メイカー(Maker)手数料は0パーセント、テイカー(Taker)手数料は0.2パーセントです
(JOYトークンで手数料を支払った場合、さらに低い金額となります。)

JOYSOはイーサリアム(ETH)ベースの様々なERC20トークンを上場しています。

例:

  • JOYSO (JOY)
  • Tether (USDT)
  • Binance Coin (BNB)
  • OmiseGO (OMG)
  • Zilliqa (ZIL)
  • Polymath (POLY)

など、その他多数

注意すべき点として、ユーザーはJOYSOではイーサリアム(ETH)を購入することはできません。

JOYSOではイーサリアムとERC20トークンのトレードのみを取り扱っており、法定通貨でイーサリアムを新たに購入することはできません。

JOYSOでトレードを開始する方法

JOYSOでトレードを始めるのはとても簡単です。ユーザーが必要なものは次の通りです:

  • 対応している仮想通貨ウォレット:
    • Ledger
    • Trezor
    • ImToken 2.0
    • Trust
    • Cipher
    • Metamask
  • イーサリアム(ETH)またはJOY:イーサリアムを保有していないユーザーは他の取引所で購入することが出来ます。JOYはJOYSOでのみ購入が可能です。

ユーザーはhttps://joyso.io/trade/en/markets/joy_ethへアクセスし、取引所へ資金を入金するためのウォレットを選ぶことが出来ます。JOYSOは、(他の取引所とは異なり)実際にはユーザーの仮想通貨を保有しませんが、簡易にトレードを行うための橋渡しをします。

Medium上のJOYSOページのこちらの記事にて、トレードと出金についてのさらなる詳細をチェックすることが出来ます。こちらの便利なJOYSOのトレーディングチュートリアルもチェックしましょう。

JOYSOのパートナーシップ戦略

JOYSOはトレーディングエクスペリエンスの改善と、新たなユーザーへの認知拡大のため、数多くのパートナーシップを締結してきました。

  • コールドストレージ仮想通貨ウォレットメーカーのCoolBitXとパートナーシップを締結。CoolWallet SがJOYSOのモバイルアプリケーション上のトレードとオフラインハードウェアウォレットのホストとなりました。
  • 現在のJOYSOのイーサリアムベースの取引所に加え、Nebulasのメインネット上に新たな分散型取引所をつくるため、Nebulasとパートナーシップを組みました。
  • デジタルウォレットのimToken 2.0とパートナーシップを組んだことで、ユーザーはこのウォレットを通してJOYSO上のトレードを行うことが出来るようになりました。

さらにJOYSOについて知るために、公式ウェブサイトをチェック:https://joyso.io/

JOYSOリンク集

Website: https://joyso.io/

Telegram: https://t.me/joyso_io

Medium: https://medium.com/joyso

Twitter: https://twitter.com/joyso_io?lang=en

免責事項:イニシャル・コイン・オファリング、仮想通貨、およびデジタルトークンへの投資は、非常にリスクが高く投機的です。こちらの資料は情報提供のみを目的としています。この情報は、投資勧誘を目的としたものではなく、また企業、イニシャル・コイン・オファリングまたはデジタルトークンを推奨するものでもなく、投資決定や投資戦略の根拠とはならないものです。

BitPRの英語記事はコチラ:https://en.bit-pr.com/joyso-hybrid-decentralized-crypto-exchange-speed-privacy-security/

Leave a Reply(コメントしてください!)

Your email address will not be published. Required fields are marked *(コメント欄にメールアドレスが公開されることはありません。)

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.