NEMの台湾地域責任者Flore Fang氏インタビュー。カタパルトのリリースやNCFの動向について

この記事は約 7 分で読むことができます。

写真:Flora Fan氏, NEM 台湾地域責任者

NEMについて

世界初の「スマートアセット」ブロックチェーンプラットフォームであるNEMは、様々な業界のビジネスに向けて、より良いブロックチェーンを構築することに重点をおいたエンタープライズグレードのソリューションです。開発者は、協力なAPIインターフェースを使用して、多くの種類の汎用的なプログラミング言語でNEMブロックチェーン上にアプリケーションやビジネスソリューションを構築することができます。これにより、企業が既に有するビジネスロジックとコードをNEMのブロックチェーン上で用いることができるようになるため、NEMは企業、政府機関、教育機関にとって、魅力的なブロックチェーンプラットフォームになっています。

NEMは自身のグローバルコミュニティを成長させることに継続的に取り組んでいます。世界中で草の根的な活動が盛んで、XEMは日本で最も人気のある暗号通貨の1つになり、XEMを支払手段として受け入れるレストランやバーも存在します。また、NEMは企業ユーザーや政府との関係を構築しており、その多くが既にビジネスやソーシャルソリューションにNEMを採用しています。そして、最後に説明致しますが、NEMはNEMコミュニティファンドを通じて、NEMを採用する有望なブロックチェーンスタートアップに投資し支援をしています。

NEMのグローバルコミュニティ

NEMの台湾地域の責任者であるFlora Fang氏は、NEMのグローバルな活動に重点を置いています。

「クアラルンプールに、ブロックチェーンイノベーターを対象としたコワーキングスペースである、ブロックチェーン・センターを既に設立しています。 数か月前にニュージーランドで新しいハブをスタートしました。私たちは世界の各地で毎週ミートアップを開催しており、カンファレンスにも積極的に参加しています。東南アジア地域担当責任者のStephen Chia氏も、これらの活動に対して非常に積極的です。それは、NEMが地域レベルで非常に迅速に発展していくことを意味します。地元にコミュニティを築いて、それを維持していくことができる国や地域のマネージャーがいるからです。台湾のような比較的小規模な地域にも、活気のあるNEMコミュニティに多くの活動をもたらします。」

「台湾からは多くのプロジェクトが生み出されていて、非常に開発者に優しい場所です。台湾で多くのブロックチェーンメディアが立ち上がっていて、私は今年末にヘルスケアに焦点を当てた台湾のハッカソンを計画しています。」とFang氏は語ります。

NEMの次期プロトコル「カタパルト」のリリース

NEMコミュニティの大きな話題の1つは、NEMの次のコアブロックチェーンエンジンであるカタパルトのリリースです。

カタパルトは、NEMのコア言語をJavaからC++に変え、NEMをベースにソリューションを構築する企業に多くの改良点を提供します。

Fang氏は以下のように話しました。

「カタパルトは2019年第一四半期にリリースされる予定です。カタパルトはクロスチェーントランザクションをサポートします。これはNEMのブロックチェーンにとってとても大きな意味を持ちます。私が知る限り、他のパブリックチェーンは同様のものをローンチしていません。サードパーティが開発したソリューションは存在しますが、それらにはセキュリティの問題が生じるかもしれません。」※11/6追記 ト Catapultの秒間処理能力についての言及を削除いたしました。

有望なクロスチェーントランザクションとスピードとスケーラビリティの向上に加えて、カタパルトは新たら企業向けユースケースを開拓し得る、2つのブロックチェーン機能を初めて実装します。

  • アグリゲートトランザクション:1回で使い捨てるスマートコントラクト機能が、複数のトランザクションの統合、自動的なクロスチェーントランザクション、そしてトラストレスなスワップなどを可能にします。これにより、1回の安全なトランザクションとして、複数の送信を執行することができます。たとえば、顧客は1回の支払いで複数のアイテムを受け取ることができます。
  • マルチレベルのマルチシグネチャーアカウント:マルチシグネチャーによるトランザクションに「AND/OR」ロジックを実装することで、多種多様なビジネスロジックの実装が可能になります。これにより、企業や顧客をハッキングから守る、多重のセキュリティ構築が可能になります。例えば、不正を防止するための認証を必要とする法人取引を容易にするために、ハードウェアウォレットや携帯電話認証に加えて、カタパルトを使用することができます。

これらの機能により、多くの新しい企業ユースケースが作られ、国際送金、投票、身分証明、保険などの分野において、カタパルトが完全なブロックチェーンソリューションとなるかもしれません。

NEMの企業や政府機関におけるユースケースの増加

NEMは、企業と政府がNEMブロックチェーン上にソリューションを構築する必要がある多くの理由を概説しており、実世界でこれらのユースケースのいくつかが活用されています。

NEMの最近のGifto(コンテンツクリエイターに報酬を与えるブロックチェーンエコシステム)とのパートナーシップは、NEMの採用率の上昇トレンドを示しています。Giftoは、現在採用するEthereumアーキテクチャと比較して、NEMブロックチェーンがサービスのスケーラビリティを向上させるかどうかをテストを行います。

「Giftoは世界で最も大きなオンラインストリーミングプラットフォームのUphiveによって保有されます。GiftoはUplive上のコンテンツクリエイターにギフトを購入するために使用できます。Giftoにはストリーミングやゲームなどの大きなエコシステムがあり、GiftoとUpliveに採用されることで、NEMのユーザーがより増えると考えられます。」とFlore氏は語ります。

また、NEMは政府によるトライアルも進んでいます。例えば、ウクライナの選挙管理委員会は、今後の選挙でNEMブロックチェーンを投票に活用するためのテストを行っています。

NEMコミュニティファンドの進化

NEMはまた、NEMコミュニティファンド(NCF)を通じて、NEMを採用するブロックチェーンのスタートアップに投資しています。今まではNEMは原則としてトークンや株式を受け取っていませんでしたが、NCFの投資戦略をより持続的にするために、運用方針を変更する計画です。

NCFは輝かしいユースケースや洗練されたホワイトペーパーではなく、収益性の高いビジネスモデルを持つ企業に投資しようとしています。

「現在、ブロックチェーンに関する多くの話題が、収益性の高いビジネスモデルよりユースケースについてです。有益なビジネスモデルこそが私たちが探しているものです。また、私達は従来型のビジネスモデルとの連携にもフォーカスしています。なぜなら、彼らは確立したビジネスモデルとユーザーを持ち、それらに対してトークンを導入することができるからです。」とFang氏は語ります。

NCFは、ブロックチェーンの採用は、テクノロジーや金融分野だけではなく、社会全体に利益をもたらすと考えています。「人々は誇大広告にすぎないトークンやICOについてではなく、テクノロジーに着目しなければなりません。個人的にNEMについて、本当に好きな点は、私たちがブロックチェーン上にエコシステムを構築し、社会と経済が「New Economy Movement」を創出するためのソリューションを探すことに注力していることです。」とFang氏は語ります。

今後もNEMの動向には目が話せません。Fang氏ありがとうございました!

Flora Fang:https://twitter.com/missflora

Leave a Reply(コメントしてください!)

Your email address will not be published. Required fields are marked *(コメント欄にメールアドレスが公開されることはありません。)

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.