Uniswap(ユニスワップ):流動性提供で収入を | 急成長中の分散型取引プラットフォーム | BitPR Spotlight DeFiシリーズ

この記事は約 9 分で読むことができます。

ユニスワップ(Uniswap)の紹介

ユニスワップとは、イーサリアムのブロックチェーンを基盤とする分散型の自動的なトークン交換の為のプロトコルです。このプロトコルは各ERC20トークンに対応する一連のスマートコントラクトで構成されているため、イーサリアム(ETH)をあらゆるERC20トークンに簡単に交換することが可能です。取引の大部分はこれらのコントラクトを通して自動化されており、異なる関係者間で必要となる信頼を最低限にとどめ、仲介者を排除しています。

ユニスワップはネイティブトークン(取引所トークン)を発行しておらず、無料でプラットフォームを利用出来ます。中央管理機関も存在せず、プロトコルに備わるトークンの交換を司るコントラクトのみがトランザクションを処理します。

ユニスワップ(Uniswap)の仕組み


情報源:ERC20間の取引、ユニスワップ・ホワイトペーパー

ABCのリザーブが増加する     ETHのリザーブが増加する
ETHは減少する          XYZのリザーブは減少する

 

ユーザーはユニスワップを以下のことに利用出来ます。

  • ERC20トークンの交換
  • 他のユーザーへのERC20トークンの送信
  • ERC20トークンの供給による流動性の追加。流動性を追加することで、サプライヤーは交換レートを決定出来るようになります。

ユニスワップの利用に際して、ユーザーはChromeかBraveに「Metamask」をインストールする必要があります。

ユニスワップは2種類のスマートコントラクト(エクスチェンジ・コントラクトファクトリー・コントラクト)を介して機能しています。

エクスチェンジ・コントラクトは様々なERC20トークンに対応しています。これらのコントラクトはETHのリザーブおよび特定のERC20トークンを保有し、トークンのための流動性リザーブを設けます。

ユニスワップは大型取引にも対応可能な規模の流動性プールを維持するよう配慮しています。これはエクスチェンジ・コントラクトで執行された全ての取引が、そのコントラクト配下のETHおよびERC20トークンの相対的な供給が決定するからです。異なる種類のERC20トークン間の取引は、ETHを媒介として使用します。

ユニスワップが既存の取引所と異なるのは、需要と供給を一致させる典型的なオーダーブックが存在しない点です。ユニスワップはプロトコル上の暗号通貨取引を管理する為に、その流動性リザーブを利用します。そして、そのリザーブは、比例的な取引手数料の配分と引き換えに、トークンを供給している流動性プロバイダーのネットワーク間でプールされます。

まだ、ユニスワップ上でスマートコントラクトが存在しないトークンに対しては、ファクトリー・コントラクトを利用し、新たなエクスチェンジ・コントラクトを作成します。トークンがまだ上場していない限り、誰でもファクトリー・コントラクトを利用して、ユニスワップに許可を求める必要なく、スマートコントラクトを作成することが可能です。

ファクトリー・コントラクトは、あらゆるエクスチェンジ・コントラクトのレジストリ―としても機能します。リザーブとして預け入れ可能なETHおよびERC20トークンのデポジットがあれば、誰でも取引所の流動性提供者になれるのです。

ユニスワップ(Uniswap)・リザーブ

ユニスワップのリザーブは、ユニスワップのエクスチェンジ・コントラクトに同等のETHおよびERC20トークンを供給する流動性プロバイダーに依拠しています。

流動性プロバイダーにはエクスチェンジ・コントラクトへの貢献の対価として、「流動性トークン=Liquidity Token」が配布されます。このトークンはリザーブプール全体に対する貢献度を捕捉する為に発行され、流動性プロバイダーが、預入れたETHおよびERC20トークンのシェアをエクスチェンジ・コントラクトから引き出すことを選択した時点でバーンされます。

流動性プロバイダーは対応するエクスチェンジ・コントラクトで取引が行われる度に、取引手数料のシェアを受け取れる一方で、流動性トークンを売却或いは(別のアカウントに)移転することが出来ます。ユニスワップにおけるトレードでは、0.3%の手数料が徴収され、流動性プールに還元されます。これにより、取引が行われる度にリザーブの総額が確実に増加します。

ユニスワップ(Uniswap)における交換レートの決定

ユニスワップはプラットフォームの全参加者によって提供される流動性をプールし、自動マーケットメーカー(AMM = automated market maker)と呼ばれる決定論的アルゴリズムを通じてETHの売買の価格を決定します。

ユニスワップは、AMMの変種である「Constant Product Market Maker Model」を使用しています。このモデルによって、ERC20トークンの価格がETHに対して上昇した場合に発生する、大きな価格の変動問題に対応します。これは、ユニスワップのガス(手数料)がバンコールよりも10倍低く、0xよりも効率的にERC20の取引を実行できる理由の一つです。トークン交換における価格計算とコントラクトの簿記を単純化することで、プロセスのガス効率を向上させています。Blocklyticsによると、ユニスワップは2019年2月の総ETH取引高でバンコールを上回り、総売買高でもバンコールの19万6478ドルを上回る54万1408ドルを記録しました。

ユニスワップのプロトコルの根幹は、X * Y = Kという交換レートの計算方式です。XYは交換におけるETHトークンとERC20トークンの数量を、Kは定数を表します。この公式はイーサリアムのヴィタリック・ブテリン氏がイーサ・リサーチに投稿したもので、分散型取引所におけるトークン価格の決定に使用出来ます。


情報源:イーサリアムの分散型交換を理解する、ロス・ブラート

上のグラフはユニスワップの交換レートの決定に、X * Y = Kの式がどのように使用されるかを示しています。ここでは曲線=すべての可能な交換レート、トークンA=ERC20トークン、トークンB=ETHと仮定します。交換レートを変動させる2つのシナリオは以下の2つです。

  1. ERC20トークンに対する需要の増加:この場合、ETHと比較してERC20トークンが不足することになります。これにより、上のグラフの為替レートが左に移動し、ERC20トークンがさらに値上がりします。
  2. ERC20トークンの需要の減少:この場合、為替レートは右に移動し、結果としてERC20トークンが値下がりします。このモデルでは曲線が平坦になっている点に注意して下さい。これはERC20トークンがクラッシュした場合、クラッシュを繰り返して0.01ドルを大幅に下回るのではなく、価格が単純に底打ちすることを意味します(従来の取引で一部のアルトコインに起こった現象です)。勿論、価格が底を打った後は、中央集中型の交換所におけるよりもリバーサルが大きくなります。しかしこのメカニズムにより、マイナス面が制限されているようです。

エクスチェンジ・コントラクトに最初に流動性を追加する流動性プロバイダーは、ETHと同等のERC20 トークンをデポジットすることで、コントラクトでサポートされたETHおよびERC20 トークン間の交換レートを決定します。

決定された交換レートが、そのERC20トークンの平均的な市場価格と矛盾する場合は、アービトラージ(裁定取引)を行うトレーダーによって価格が修正されます。この裁定取引では、トレーダーはコインの価格が取引所ごとに異なる状況を活かし収益を稼ぎます。アービトラージ(裁定取引)の機会を見つけたトレーダーは、1つの取引所で購入したコインを別の取引所で再販して利益を得ます。その結果、コインの価格は取引所間で最終的に適切に収斂するようになるのです。

ユニスワップ(Uniswap)のユースケース

分散型ERC20トークン交換

ユニスワップの主なユースケースは、ETHをあらゆるERC20トークンと交換することです。ETHはERC20トークン間の取引の媒介トークンとして使用されます。 ERC20トークンはまず、特定のエクスチェンジ・コントラクトを使用してETHに変換された後、別のエクスチェンジ・コントラクトを使用してERC20トークンに変換されます。現在ユーザーは両方のコンバージョンに対して、0.3%の手数料を支払っています。

ユニスワップはトークン交換レートを抑える目的でアービトラージ・トレーダーに依存している為、市場のレートの決定に関しては、間接的に他の取引所に依存しています。

Founding Team


ヘイデン・アダムス
クリエイター
Twitter / LinkedIn

ヘイデン・アダムス氏はUniswapおよびEthereum Programming Servicesの創設者です。スマートコントラクトとdApp開発を専門としており、元シーメンス(Siemens)のエンジニアです。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で機械工学の学位を取得しています。

ユニスワップ(Uniswap)の競合

0x(ゼロエックス)

0xはイーサリアムのブロックチェーンで分散型トークンを交換する為のプロトコルです。トランザクションのコスト、スピード、流動性、相互運用性などの分散型取引に関する主な問題にアプローチするため、ブロックチェーン・トランザクションのプロトコルの標準化にスマートコントラクトを活用しています。取引手数料の支払いのほか、ガバナンスの問題やプロトコルの改善に関する投票にも、ZRXというトークンを使用しています。

Bancor(バンコール)

バンコールはユーザーが仲介者なしで、2つのトークンを交換できる出来る分散型トークン交換プラットフォームです。ブロックチェーン全体で円滑で摩擦のない取引を促進するために、スマートコントラクトを使用しています。バンコールのプロトコルは、異なるERC20トークンの残高を保持するスマートコントラクト「コネクターモジュール」を利用しており、コネクターモジュールとスマートコントラクト間で、価格を常に再計算し調整するように設計された構造式を用いています。

Kyber Network(カイバー・ネットワーク)

カイバーは暗号通貨の価格変動のリスクを最小限に抑えるためにデリバティブを使用した、暗号通貨の分散型交換プラットフォームです。ユーザーと管理者がトークンを変換または変換出来るスマートコントラクトによって管理されています。また、Kyberは暗号通貨用のクロスチェーン決済サービスも提供しています。

Leave a Reply(コメントしてください!)

Your email address will not be published. Required fields are marked *(コメント欄にメールアドレスが公開されることはありません。)

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.