Waves(ウェーブス) 仮想通貨・取引所・ウォレットまとめ

この記事は約 10 分で読むことができます。

Wavesスペック早見表

出典:https://wavesplatform.com/

通貨名:Waves(ウェーブス)
通貨略号:WAVES
価格:約340円/1waves (2018.07.04 現在)
ブロックチェーンシステム:LPoS (Lease Proof of Stake/ リースプルーフオブステーク)
スマートコントラクト:有り
創業者:Sasha Ivanov
開始日:2016年4月
発行上限数:100,000,000 WAVES
waves公式サイト
wavesのホワイトペーパー

出典:https://wavesplatform.com/

Waves(ウェーブス/WAVES)とは?

Wavesを要約すると

  • 仮想通貨
  • DEX (decentralized Exchange)/分散型の法定&仮想通貨トレードマーケット
  • 誰でも自分の仮想通貨(トークン)を発行できるプラットフォーム

のいずれにも該当します。

単なる仮想通貨にとどまらず、たくさんの応用ができるのがWavesのプラットフォームの魅力であり、強みでもあります。

その他にも一定の仮想通貨を保持しておけるウォレット、データなどをオンラインで収納しておけるクラウドストレージ、取引相手との匿名メッセージ機能など、様々な機能が実装されています。

仮想通貨としてのWavesはもともと「ネクスト」(Nxt)という通貨から派生したという歴史もあり、主に「Scala」という関数型プログラミング言語で書かれているため、バグがとても発生しにくく、高速に処理することができます。

そしてWavesを一躍話題にしたニュースと言えば、大手チェーン「バーガーキング」がWavesを使って「ワッパーコイン」という仮想通貨トークンを作成し、お店で使えるポイントとして利用し始めたことですよね。そんな魅力がたくさん詰まったWavesをここからより詳しく説明していきます。

仮想通貨Wavesの価格&最新チャート・相場


Wavesの特徴

出典:https://blog.wavesplatform.com/

CAT (Custom Application Token)で自分オリジナルのトークン(通貨)を発行できる

Wavesのプラットフォームで一番目立つ機能は何と言ってもCAT(Custom Application Token)です。
企業であろうと個人であろうと、誰でも自分だけのオリジナル仮想通貨をWavesのブロックチェーン上で発行することができます。

しかも手数料は1Waves(340円ぐらい 2018.07.03 現在)でとても安価です。

代表的な例では、Tidex、ZrCoin、MobileGoもWavesで発行された独自通貨です。

さらに自身で作ったトークンは、Wavesシステム上の仮想通貨交換マーケットでいつでもWavesやビットコインやイーサリアムなどメジャー通貨をはじめ、
法定通貨ドル&ユーロに交換することが可能です。

もちろんブロックチェーンシステムのおかげで交換履歴は暗号化され、誰でも確認可能です。

取引所はDEX(分散型取引所)方式で単一の障害ポイントがないため、セキュリティも高いです。

出典:https://blog.wavesplatform.com/

WavesのDEX(Decentralized Exchange)をより詳しく

一般に、coincheck、BitFlyer、Binanceなどの大手交換所は、中央集権型と言われ、運営主体としての企業が存在し、安全性を保証し、ユーザーへのきめ細かなサービスを提供していますが、
手数料が高かったり、一度運営している企業のシステムにハッキングされてしまうとユーザーの資産の流出など、多大な被害が及ぶという危険性が伴います。

coincheckから600億円相当のNEM(XEM)が盗まれてしまったのは記憶に新しいと思います。

そんな中DEXシステムは、取引台帳など重要な情報は暗号化され、たくさんのサーバーやコンピューターにランダムに分散されて保存されるため、一度のハッキングで大量の情報が流出したり、盗まれたりすることもありません。また、仲介者が不要なため手数料も低く保つことができます。

実際にWavesでの一回のトランザクション手数料は0.001Waves (0.34円程度)で固定してあり、とても安く設定してあります。

さらにWavesが提供している法定&仮想通貨交換所には自分で秘密鍵暗号を管理できるウォレットも付いているので、シームレスにお持ちの通貨を取引することができます。

以下、今(2018.07.03)取引可能な法定&仮想通貨リストです。

法定通貨:

  • USD
  • Euro

仮想通貨:

  • Waves
  • Wavesトークン(ZrCoin (ZRC)、MobileGo (MGO)など)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • Zキャッシュ(ZEC)
  • モネロ(XMR)

出典:https://blog.wavesplatform.com/

LPoS (Lease Proof of Stake) でエコで安全で便利に

Wavesのブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムは「Lease Proof of Stake」です。

つまり、自分の持っているWaves(通貨)を誰かにリース(貸し出す)できるPoS(プルーフオブステーク)です。

PoS(プルーフオブステーク)とは、PoW(プルーフオブワーク)の様にコンピューター同士の競争によって、
一番早く取引を承認できるか、大量の電気を使って争うのではなく、
10,000以上のWavesを保持している、等の一定の条件を満たした人に、取引の承認をさせるシステムのことです。

しかしながら、Wavesは、10,000Wavesを持っている人は少ないこと、また、大金持ちに権力が集中してしまうことを回避するために、
多くの人からWavesを借りることでも承認者となれるシステムを採用しています。これが、リースプルーフオブステーク(LPoS)です。

Wavesを貸し出した人たちも、リース料としてWavesを借りて取引を承認し、
手数料を得た人から報酬をもらうことができ、コミュニティ全体に還元がある仕組みになっています。

出典:https://blog.wavesplatform.com/

Waves-NGで1000/秒の超高速トランザクションを可能に!?

Wavesでは、1秒あたり何百ものトランザクションを処理することができ、とても高速に取引することが可能です。

その理由は「Waves-NG」という仕組みに隠されています。

Waves-NGとはブロックチェーンアルゴリズムの一種で、毎トランザクションのたびに承認する人を都度決めるのではなく、
予め承認者を決めてしまい、大幅なプロセスの短縮化をしています。

さらに「キーブロック」と呼ばれるブロックよりもう一つ大きな枠を作成し、都度、次のブロック完成を待って、
それまでのブロックに溜まったトランザクションを承認するのではなく、純粋にトランザクションごとに素早く承認し、プロセスを加速させています。

出典:https://tidex.com/

Wavesが取引可能なオススメ取引所

ここまではWavesのシステム内での取引についての話でしたが、他の多くの仮想通貨交換所でもWavesは頻繁に取引されています。
日本国内では扱いはありませんが、海外でもっともWavesを取引している取引所Top 5とそれぞれのマーケットの特徴をまとめました。

1. Tidex(https://tidex.com/)

取引手数料が0.1%の仮想通貨取引所。Tidex自身が発行しているTDXはWavesで作ったトークンです。

2. Binance(https://www.binance.com/)

手数料が業界1安いマルタにある仮想通貨取引所。超大量の銘柄を扱っていることでも有名です。

3. BCEX(https://www.bcex.ca/)

カナダに住所を置く中国の仮想通貨取引所です。2018年からWavesを取り扱い開始し、USDと交換することができます。

4. Bittrex(https://bittrex.com/)

ラスベガスにある仮想通貨取引所。カスタマーサポートや安全性が他の取引所と比べて高く、安心して取引ができる取引所の一つです。

5. OKEX(https://www.okex.com/)

6月15日にWavesから発表されたのが、世界第2位の仮想通貨取引所「OKEX」でもwavesが取引できる様になりました!

Wavesの将来性

ここまでWavesについて読んできていかがでしょうか?

続々と大手の仮想通貨取引所で取り扱いされています。Wavesチームはとてもアクティブで、たとえば、プラットフォーム上の分散型取引所で新しい仮想通貨を取り扱うことにもとても積極的です。iOSでもウォレットが用意されていたりと、ユーザビリティがとても高い通貨としても注目されています。

機能だけではなく、より多くのサービスがWavesを利用して実現されるように、「デロイト CIS」と協働し法律的な議論を重ね、仮想通貨取引やICOに関する規制についてもアプローチしています。ロードマップで表現されている目標も順調に達成できているようです。頑張れ!Waves!

まとめ

Wavesについて理解を深めていただけましたか?もっと詳しく知りたい方は下記の公式サイトよりブログをチェックしたり、SNSでフォローしましょう!

公式サイト
waves ツイッターアカウント
wavesテレグラムアカウント

参考ソース
https://blog.wavesplatform.com/
https://support.wavesplatform.com/
https://www.americanbanker.com/news/blockchain-tokens-may-be-the-future-of-financeif-regulators-allow-it
https://www.inc.com/john-koetsier/ico-bubble-startups-are-raising-hundreds-of-millio.html
https://support.bittrex.com/hc/en-us/articles/115003463331-New-Account-Sign-Ups
https://info-cryptocurrency.jp/waves

Leave a Reply(コメントしてください!)

Your email address will not be published. Required fields are marked *(コメント欄にメールアドレスが公開されることはありません。)

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.